2007年11月30日

カーポート設置について

こんにちは、とくです。

今日はカーポートについてのお話です。

建築基準法が改正されまして、
建築基準法適合商品も各社から発売されております。

何のことかといいますと、
アルミニウム合金材の許容応力度と材料強度の項目が加わり、
構造方法に関する安全上必要な技術的基準について定められました。

●適用範囲
アルミニウム合金材の建築物は延べ床面積50u以下とする。
※ただし許容応力計算によって安全性が確認できた場合はこの限りではない。

●材料
主要な部材について、厚さ1mm以上のアルミニウム合金材を使用すること。
※ただし安全性が認められた場合は1mm以下でも可。


2006年春から耐風圧強度表示の統一について、
全国エクステリア工業会では、【アルミ製カーポート技術基準】
という形で自主規準を作成し運用開始しているそうです。



カーポートの設置工事ですが、
以前と比べて書類が煩雑になったそうで、
簡単な工事でも納期がかかるようになってしまったとか。

まだ慣れていない人が多いので、余計に時間がかかるそうな。

またカーポートも建築物に含まれるため、
家と一緒に設置すると税金が一緒にかかるとか。

家が建ってからしばらく建ってから設置するのには
今のところ税金が一緒にかかることはないそうです。


●ご注意●
詳細はご自身でしっかりと確認されてくださいね。
この記事はあくまでも参考程度ということでとどめておいてください。


早く新しい法律に慣れていかないといけないということですが、
これからますます安全に対してより厳しくなるということは、
間違いないようです。
posted by とく at 00:46| 岡山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月15日

DIY雑誌『ドゥーパ!』に掲載!

お久しぶりのとくです。

最近メルマガがとんと書けておりませんが。。。(汗)
そのことを最近思い出した秋深まる今日この頃でございます。

建築関係の法改正があり、
工事の際の必要書類が煩雑となり、
ただの箱でも建てるのが以前より大変となりました。

材料も高騰しているのにも関わらず、
なかなか末端価格を上げられない。

薄利どころか、赤字だとわかっててやっている仕事も多いと聞く。

もっと適正価格が通るようになれば・・・と願うばかりです。

ただでさえ公共工事が減って、
土木屋さんの倒産が結構増えているのに、
また資金繰りが大変な業者が増えていることと思います。

工事がすぐ出来ない→入金が遅れる→・・・・

そんな中でも生き残っていける業者にならないといけないし、
今までとは違うアプローチの仕方がもっとあると信じている私です。


さてさて本題。

私が運営している電動工具のネットショップ2サイトの広告が
DIY雑誌の老舗、学研さんから出版されている、『ドゥーパ!』12月号に掲載されています。


マニアな方々が読者さんですし、
読者さんが電動工具への関心が高いということで、
このたび初めて紙媒体への露出となりました。

紙媒体からサイトへ訪問というパターン、
私自身も経験があるので、そういうお客さんがいらっしゃれば・・・と思う次第です。

広告をご覧くださった方々への感謝の気持ちをこめまして、
キャンペーンもしております。


詳しくはこちらをチェックしてみてください♪
posted by とく at 13:27| 岡山 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。