2011年05月22日

2011.5月 近況

久しぶり なんと2年半ぶりの更新です。

3.11で日本が大きく変わり、いや変わらざろうえませんでした。

仕事面では、3.13の朝一で政府が建築材料、工具等を押さえたため、
材料が流通せず、納期がずれお金が入らないという悪循環。。。

関連下請け工場が被災地域に結構多く、
色々な製品の製造がストップし、納期がみえないため、
とりあえず在庫抑えないとということで在庫が増えていく。。。
もちろん販売数も多いですが、元々薄利な商品が多いですし、アイテム数も多いですし、ね。

それってどうなの?な金額で売られていた商品もありますが、
今は計画停電協奏曲?がひと段落しそれ関連商品は流通もだいぶなされてきて、
落ち着いた感あり。

で、
当ブログは長い間休眠状態でありましたが、
また状況に応じて色々とカタチをかえつつ、動かしていきたいと思っております。

開設当初はメルマガバッグナンバー置き場がメインとしての役割だったのですが、
メルマガは思い出せないくらい前に休刊いたしましたので、その役割は終えたわけで。
そのため長期休眠状態だったということなのですが。

で、
現在の構想は、
「家を楽しむ、家で楽しむ」です。

世の中には色々な価値観がありますが、
たとえば家に関する価値観について。

家は建てたor買った、はいおしまい、ではない。
人が風邪ひいたり、病気したりするように、家も経年変化する。
だから色々メンテナンスをしないといけない。

まずこのあたりの価値観が全然ない方が増えているような気がしています。

雨風しのげたらいい、それはもちろんですが、
電気上下水道ガス、、、ライフラインがしっかりあり、かつ安全で快適な暮らしは、
家の声(人でいう風邪や不調の前兆みたいなもの)をしっかり聞いて受け止め対応しなくちゃいけない。

車や洋服、遊び代にお金を掛けられても家にはお金掛けられない、掛けたくない。
という価値観が増えている気がするのです。

家は補修して住み続けていくものだという価値観を少しずつ広めたい。
たとえ今お住まいの家が終の棲家でないとしても。

エコとかそういう流行的なものでなく、何代に渡って住み続けるから守るというのでなく、
資産価値がどうのとかいうのでもなく (もちろん家を投資的視点で考えるのはありですが)
自分と同じように家もいつくしむことができたら、日々の生活も楽しいのではないかな、ということを
綴ってみたいと思うのです。

その思いをベースに
ブログ主が建築材料販売業を通じて考えたこと、分かることや
お役に立てることを織り交ぜつつ、書いてみたいと思うのです。

消費することで経済をまわしている以上、
お金を動かさないと経済がとまってしまう=生活できないですが、
適正な利益をいただき、それを還元して、質のいい仕事をして、結果的には無駄遣いにならない、
そういう流れをつくりたい。

適正な利益、というあたりの基準は個々人それぞれですが、
今、あまりにも適正利益からかけ離れすぎているため、
仕事の質が落ちて、それは結局消費者(エンドユーザー)にかえってくるのだという事実を
伝えたい。

DIYが趣味な方、憧れあるけど全く・・・><な方も、
全く興味がない方には少々辛いかもしれないけど、
こういう考えや視点もあるのね、的記事を掲載できればな、という今後の展開予定表明。
posted by とく at 03:22| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。