2006年02月09日

家造り2

知り合いのケース。

自分が住むとは言えども、お金の出所によって、
どれくらい思い通りに出来るか、意見を通せるかという場合もある。

土地の所有者が親だったり、家のローンを親子ローンにするケースである。

実際に多いのではないだろうか?

親子同士で納得のいく話し合いが出来るといいが、
そうじゃないケースも多々あるようである。

実親子ならともかく、義理の親だとまた難しい。。。

親から「建ててあげるから」と申し出られる場合、

肝心なところに口を挟まれ、思い通りにならなかったとか、
笑い話では済まされないケースも・・・。

お金が絡むと何事も難しい。

自力で資金を全部出せればいいけど、そういう問題でもないだろうし・・・

土地とか家屋って財産分与に絡むし、スムーズに解決するには、
やっぱりお金がさらにいる。

永遠のテーマですね^^;
posted by とく at 17:27| 岡山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。