2006年02月09日

土地について思うこと。

長年引越しを繰り返してきた私は、
土地に縛られるのは基本的にキライなので、

その土地を守り続けるという考えがまだしっくり来ないけど、
田舎ほど地主がすごくえらそうだ(失礼!)なぁというのが、
正直なところである。

ウチの隣の廃屋、

台風が来たらやばそうなのに、

何回も壊しますと言われたのに、

どうも業者と地主がトラブルのか知らないが、

一向に取り壊される気配がない。

更地にしても売れないだろうし、
お金だけがかかるということで、
放置されたままである。

更地になると税率があがるというのも
取り壊さない理由のひとつと思われるが。

時流をしっかり読み取って、
いい時代にいい土地活用されるように計らっていただけてたら、
もっとその土地は発展していたのかもしれないのに・・・と
思ってしまう。
posted by とく at 17:33| 岡山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。