2006年04月06日

工事費のハナシ

今日はイマイチ分かりにくいと思われる工事費のお話です。

基準として、土地代抜きで3000万が販売価格の家屋だと、
平均して40%で建てられると言われています。


但し、いい材料を使ったり、難しい工事をしたりする場合は、
この限りではないことを付け加えさせていただきます。


最初ワタシもこの事実を知った時はびっくりしました!


残りの60%は・・・

大手メーカーの場合だと特にその割合が高い、

人件費&広告費ですね。


大手メーカーに依頼しても、

大抵は地元の業者に丸投げされることが多いです。


しかもその業者もまたさらに投げることが多いです。


というわけで、
大抵は3〜4つ会社がかんでいる場合が多いです。
(戸建の場合です)


かめばかむほど・・・


もうお分かりですね。


地元業者も仕事を取るのに必死なので、
たたかれてもギリギリで請け負ったりします。


ある地元の高層マンションですが、
大阪から日雇いで1日7〜8000円ぐらいの賃金で
1〜2ヶ月契約で
職人さんがごっそり来ていたことがあったそうです。


大阪も仕事が減っているのか真偽の程は
分かりませんが・・・。


地元の職人さんの相場は、
12000円〜ぐらいなので、そんな値段だと手が出ません。


といったケースもあります。


工賃をたたかれすぎて・・・


手抜き工事の原因の1つになっているのかもしれません。


適正価格で工事が出来るような世の中にしたい。

みんなが満足できる家造りが出来れば、
これ以上の幸せはないと思うワタシなのでした。
posted by とく at 18:47| 岡山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/16231242
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。