2006年04月25日

バラス??

昨日夜遅く、
明日の朝7時にマサ(マサツチ)とバラスを取りにくるお客さんがいるから、
夜のうちに袋に詰めなければいけないということになった。

袋に1t近く入れるので、
袋を持つ人2人に、
ツチをシャベルで入れる人1人、
計3人必要なのです。


朝早起きなのはダンナだけなので(汗)
人員確保可能な夜のうちということになったわけ。


ちなみに、
通常は軽トラか2t車に載せていって、
現場のブルーシートの上に下ろすというパターンが多い。


最近になって、
袋詰めだとそのまま現場で使えるので便利ということで、
袋詰め納品が増えてきているそうである。
(袋はお客さんから支給される。
 じゃないと割があわないらしい。)

ところで、
最初何のことか分からなかった。

それは・・・

「バラス?」

※注意※
この場合、バにアクセントをつけて発音してください。




2〜3cmぐらいの砕石のことを指すらしい。

ちなみに上から降ってくると非常に痛いです(笑)

ちなみに、
あまりに気になったので(笑)
ネットで調べてみました。

その結果、
バラス島という無人島が沖縄にあることが判明。

ここから引用・・・

バラス島は、
西表島の北方、
上原部落と鳩間島の間にある小さな小さな無人島で、
珊瑚の破片だけでできています。

“バラス”とは沖縄の言葉ではなく内地語で、
工事現場などに落ちている残骸などを意味する言葉です。

ミスターサカナダイビングサービスのオーナーの笠井雅夫氏によると、
バラス島は体験ダイビングで死んだ人のお骨でできているのだそうです。

・・・引用ここまで。


現場の残骸って意味もあるのね。

バラス島の海は画像ではとてもキレイでした。


なんだか行ってみたくなりました。

ハナシがかなりそれてしまいました(汗)
戻せそうにないので、今日はこのへんで。
posted by とく at 11:01| 岡山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。